台風9号の爪あと

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN3535[1].JPG昨日の台風、皆様のところでは被害はなかったでしょうか?沼津は日中雨風が強く、訪問に伺う身としては大変でしたが、無事に1日を過ごすことができました。国営放送のニュースでは近所のビルの壁がはがれ、落下したと報じていました。けが人がいなくて幸いでした。これからも台風は来るものと思われます。雨風だけでなく、頭上にも注意して下さいませ。

Home Base勉強会

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN3529[1].JPG昨日は、地域で行われている訪問リハビリの勉強会に参加しました。「SWOT分析をもちいて若年難病患者の報告、グループワーク」について訪問看護ステーションあおぞらの理学療法士の浅井さんから報告していただきました。在宅にはいろいろな病気をかかえた方がいらっしゃいます。そこでの生活の質の向上や有意義な人生を過ごしていただくために、我々が出来ることは何なのか?常に考え続けながら、悩みながら、一歩一歩歩んでいきたいと思います。今回もいい会でした。ありがとうございました。

ステーション会議

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN3528[1].JPG本日はステーション会議がありました。通常勤務ではしっかりと話しの出来ない内容について話し合うための会議です。今回は「訪問看護と看護小規模多機能型居宅介護事業所との連携について」話し合われました。日常の業務に流されることなく時間をきちんと作り、皆で話し合い、業務改善を図る。もちろん当たり前のことではありますが、意見を自由に出し合える環境作りや自分の意見を簡潔に言うための力量、業務をよりよくしたいという熱い想い・・・などが大切なことがよくわかります。刀鍛冶のように鍛錬されて在宅の感性が増していく感じです。これからも頑張ります!

手作りおかき

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN3527[1].JPG利用者さんのお宅で出た一品です。この「おかき」は利用者さんの奥さんが手作りしましたと言われたので、ビックリしました。「おかき」って自宅で作れるんですね。自分で作る発想さえありませんでした。そこでもちろん、作り方習いました。サイコロ状に切ったお餅を1週間陰干しして、油で揚げて、塩をかけて完成だそうです。手間隙かかっています。揚げたてをいただきましたが、まさに「サクッふわっ」でした。ご馳走様でした。

DSCN3513[1].JPG先週の金曜日の夕方、当方にて小児用マットレス勉強会がありました。重症児は一日のほとんどをベッドで過ごしますが、成人用のマットレスを使用すると、その低体重により体圧分散がうまくいかず、床ずれを起こす可能性があります。そこで小児用の体重5~30Kgに適正なマットレス「ペディケアマットレス」が開発されました。オーダーメイドでベッドに合わせてカットしてくれます。宣伝ではありませんが、小児の床ずれ予防にはいいものだと思います。また高齢者用の自動体位変換機能付きのエアマットレスも紹介していただきました。在宅でより快適に過ごすための機器は、これからもいろいろと開発されていくと思います。情報のみに流されることなく、目で見て体感して、しっかり理解した上で、適切な方に紹介していくためにも、勉強会をこれからも頑張りたいと思います。

シクラメンとセミ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN3503[1].JPG暑い毎日が続いていますが、皆様いかがおすごしですか?熱中症には十分気をつけて下さいね。この暑さでセミの声も聞かれるようになりました。ビルの13階にお住まいのご自宅のシクラメンにセミが休んでいました。「シクラメンの花はないのに蜜を吸いに来たのかしら?」とか「メスのセミは鳴かないの?」とかおっしゃる奥様に可愛らしさを感じました。熱い中、涼しい風が吹き抜けた感じでした。在宅っていいですね。

静岡小児HOT研究会

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN3498[1].JPG先週末「静岡小児HOT研究会」が開催されました。そこの一般演題で「当訪問看護ステーションにおける小児呼吸リハの地域連携について」をスタッフが発表させていただきました。地域の中核病院とカンファレンスや退院支援会議を通して地域連携が出来た2症例について報告しました。また熊本で小児の地域医療を積極的に行っているおがた小児科・内科医院の緒方健一先生による「障がい児と暮らしの支援」の特別講演がありました。震災を含め、小児を取り囲む医療の現状と呼吸リハビリについてお話しされ、とても勉強になりました。当ステーションは年間10例以上の重症児を受け入れています。今後も勉強を重ね、小児の地域包括システムの一助となるように頑張っていきたいと考えています。

IMG_0670.JPG FullSizeRender.jpg本日の癒し画像!韓国の民族衣装のチマチョゴリを纏ったプリンスさんです。でもチマチョゴリは女性の民族衣装では?!これで名実ともに女性の仲間入り?なんだか複雑そうな顔をしている気もしますが、プリンスさんはかわいいから、何を着ても似合うということでいいですよね。ステーションに戻るとかわいい笑顔でみんなを迎えてくれます。正直、癒されます。

DSCN3495[1].JPG先週の土曜日に、「筋萎縮性側索硬化症患者に対する在宅支援の取り組みについて」の研修会がありました。富士市在住のALSの方を中心とした連携を、クリニックの医師、作業療法士、訪問看護ステーションの看護師、居宅介護支援事業所の介護支援専門員、福祉用具の担当者の方々がパネルディスカッション方式で発表されました。多くの施設の多くの職種の方が熱い想いでその方を支え、連携し、またその方も積極的に社会参加なされていらっしゃるのが、とても印象的でした。現場でのリアルな感じがひしひしと伝わり、勉強になりました。参加者も70名と、在宅に関わる方の勉強熱心さや意欲の高さに触発され、もっと頑張らなければ!と思えるいい勉強会でした。ありがとうございました。

10年永続勤務

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSCN3492[1].JPG本日の月例で、当ステーションから10年永続勤務で表彰されたスタッフが出ました。10年・・・言葉では言い尽くせないような紆余曲折があった事と思います。これからもきっと、まだまださまざまな経験を重ねていかなければならないのでしょうが、表彰を受ける姿に少し神々しさ(!?)のようなものも感じました。本当に10年間ご苦労様でした。そしてこれからも地域のために、益々のご活躍期待しております!だってうちには10年、20年、30年の猛者が血気盛んに頑張っていらっしゃいますからね。ホントそのバイタリティはすごいものがありますよ(笑)

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1